029-899-8596

  • 受付時間
  • アクセス方法

接骨院の上手な通い方

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院のレントゲンでは異常が無かった
  • 投薬治療のみをずっと続けている
  • むちうちの症状が改善されない
  • 全身の状態をしっかりと見てほしい

接骨院と医療機関への通院|すずらん接骨院

ケガの診断の際、病院や整形外科では、レントゲンやMRIなどを用いて画像診断をもとに行うのが一般的です。

それに対し接骨院は患者様のお身体の痛みや症状を伺った後、触診を行って身体全体の状態を詳細に把握していきます。

病院や整形外科では「異常なし」と診断された中々改善しない症状も、一度、接骨院でご相談されることをおすすめします。

以下に記したものが、病院や整形外科での交通事故治療です。

1. 交通事故直後

交通事故に遭った後、大きな外傷や身体に痛みがある場合には、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

交通事故によるケガは、時間が経過してから症状があらわれることが有ります。

たとえ軽い痛みや不調であっても、事故後、なるべく早く病院や整形外科を受診し、医師の診断と適切な治療を行いましょう。

また、事故から時間が経ってから症状が現れた際にも、すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

2. それぞれのケガに合った通院法

◇骨折の場合
交通事故後、病院や整形外科で骨折と診断された場合は、患部をギプスで固定し、しばらくの間は経過観察となるのが一般的です。

ギプスが外れた後は、運動機能や可動域の回復のため、リハビリが必要になります。

接骨院では、それぞれの方の身体の状態に合わせた方法で、手技と同時にストレッチや筋力アップトレーニングを行っていくため、リハビリ期間中は、病院や整形外科への通院と併行して、接骨院でのリハビリをおすすめいたします。

◇むち打ち、腰痛の場合
交通事故が原因のむちうち症(頸椎捻挫)や腰痛は、後遺症のリスク軽減のためにも、早めに治療を始めることが大切です。

接骨院では、患部だけでなく、身体全体の骨格のゆがみや筋肉の損傷、関節の炎症にもアプローチするため、後遺症のリスク軽減にも効果的です。

また、病院や整形外科の検査でお身体の状態を把握しながら、同時に接骨院での治療を受けることは、全身の状態をより詳細に把握し、それぞれの得意な治療を行っていくことにより、後遺症のリスク軽減効果も高まります。

お問い合わせ・ご予約

すずらん接骨院

  • 029-899-8596

住所
〒300-0834
茨城県土浦市小岩田東1-4-26

受付時間

  • YouTube×すずらん接骨院
  • YouTube×すみれ接骨院
  • YouTube×つばめ接骨院