029-899-8596

  • 受付時間
  • アクセス方法

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故後、数日して痛みが出てきた
  • はじめての事故で対応が分からない
  • 首や腰などに痛みを感じる
  • 後遺症がないように治療をしてほしい

交通事故によるケガは全身治療がポイント!|すずらん接骨院

交通事故による「頸椎捻挫」や「頸椎損傷」の治療は、病院や整形外科への通院や接骨院でのリハビリにより「患部(頸椎)のみの治療で完治する」と認識されている方が多いのではないでしょうか。

交通事故によるケガの治療では、痛みや症状が現れている患部だけでなく、身体全体から治療を行うことが重要です。

土浦市すずらん接骨院では、全身の状態を把握し、身体全体のバランスを整えながら、治療効果を高め、早期治癒を目指します。

治療に際し、現在抱えている痛みなどの症状だけでなく、交通事故の大きさや当時の身体の向きや状況など細かく伺っていきます。

丁寧なカウンセリングで状態をしっかり把握

人間の体は、どこかに痛みを感じると、無意識に痛みのある部位をかばおうとします。その際、通常以上に別の部位に負荷がかかってしまい、当初痛みを感じた部位以外の部位にも痛みが発生するケースが少なくありません。

腰を痛めた方が、腰をかばった歩き方になってしまい、膝にも痛みを抱えるといったケースです。

交通事故は身体に強い衝撃を与えるため、ケガの患部だけでなく、他の部位も影響を受けていることが多々あります。

土浦市すずらん接骨院では、はじめに丁寧なカウンセリングを行うことにより、それぞれの患者様のお身体全体の状態を詳細に把握し、おひとりおひとりに合った施術を提案いたします。

全身のバランスを整える事が重要です

むちうち症の治療に際しても、痛みのある頸椎部分(首)だけでなく、背骨や骨盤のバランスも同時に整えることにより、痛みや違和感などの症状緩和に繋がります。

頸椎や背骨、骨盤は、身体の中心を通り全身を支える土台です。これら全体のゆがみを整えることは、ケガの不快な症状を改善するだけでなく、早期治癒や後遺症のリスク軽減などにも効果があります。

交通事故治療では、早い段階からの全身治療が、その後の治療期間や後遺症のリスク軽減などに大きな影響を与えます。

土浦市周辺で、交通事故後のケガの治療をお考えでしたら、ぜひ一度、すずらん接骨院へご相談ください。

交通事故直後の重要点|すずらん接骨院

1.交通事故直後の事故現場で、損害賠償などの話は控えましょう。

交通事故では、事故直後は速やかに警察に連絡し、問題発生の際には、必ず専門家に間に入ってもらうことで、トラブル発生を防ぐことができます。
交通事故による、ケガの治療費は、治療の総額が明らかになった時点で交渉を行うことが重要であるため、事故現場での示談や念書へのサインや捺印なども控えましょう。

2.交通事故後は、必ず医師の診断を受けましょう。

交通事故によるケガは、時間が経過してから現れることもあります。また、交通事故直後は興奮状態にあるため、身体の痛みや違和感を感じづらく、不調を見逃してしまうケースも少なくありません。交通事故後は、病院や整形外科を必ず受診し、適切な検査と医師の診断を受けることが大切です。後遺症のリスク軽減や治療期間の短縮にも繋がります。

3.交通事故後は、保険会社へ連絡をしましょう。

交通事故後の保険会社への連絡は、その後の補償や保険金の需給にも関わりますので、被害者であっても加害者であっても、保険会社へ事故後すぐに連絡を行いましょう。
また、違う病院への転院の際にも保険会社へ連絡が必要です。保険金が支払われない場合もありますので、些細なことであっても保険会社への連絡は忘れずに行いましょう。

4.交通事故後は、すぐに警察へ連絡をしましょう。

交通事故後に警察へ届けることにより、交通事故証明が発行されます。交通事故後に警察へ届け出ることは、被害者であっても加害者であっても義務であり、警察により発行される交通事故証明は、保険会社への保険請求の際にも必要となる大切な証明書です。警察への届け出を怠り、示談や物損で処理してしまうと、時間が経ってから現れた身体の症状に対し、保険の補償が受けられなくなることがあります。交通事故に遭ったら、すぐに警察へ連絡をしましょう。

5.交通事故現場では、加害者の所在を確認しましょう。

交通事故の被害者となってしまった場合は、事故現場で、加害者の所在を必ず確認しておきましょう。
加害者の氏名
車種、ナンバー
電話番号
住所
会社の住所、電話番号など
携帯電話やスマートフォンのカメラで、加害者の運転免許証や車のナンバー・車種などを画像で保存しておくとよいでしょう。

6.ケガの治療や通院にかかった費用の領収書は、すべて保管しておきましょう。

交通事故によるケガの治療費や通院にかかった費用は、自賠責保険や任意保険の補償が適用されます。保険会社へ請求の際には、各種費用を証明するものが必要となりますので、入院費や治療費の領収書や通院にかかった公共交通機関の領収書などは、一定期間、すべて保管しておくようにしましょう。

7.交通事故現場に目撃者がいる場合は、連絡先を確認しておきましょう。

交通事故の示談交渉の際には、現場の目撃情報が重要になります。交通事故現場に目撃者がいる場合には、できるだけ、お互いの連絡先を交換するようにしましょう。
また、携帯電話やスマートフォンのカメラで、事故現場の写真や動画を保存しておくとよいでしょう。

お問い合わせ・ご予約

すずらん接骨院

  • 029-899-8596

住所
〒300-0834
茨城県土浦市小岩田東1-4-26

受付時間

  • YouTube×すずらん接骨院
  • YouTube×すみれ接骨院
  • YouTube×つばめ接骨院